読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

musirak.com

音楽制作に関することをメインに、他には趣味の話もぼちぼち書いているブログです。

魔法少女達が過酷なサバイバルに巻き込まれる「魔法少女育成計画」

最近見つけた中で物語の世界に引き込まれるほどに面白いと思ったライトノベル作品「魔法少女育成計画(通称、まほいく)」を紹介します。

魔法少女大好き人間なら好きになれる作品だと思います。

魔法少女育成計画とは?

以下、ポータルページより引用。

大人気ソーシャルゲーム『魔法少女育成計画』は、 数万人に一人の割合で本物の魔法少女を作り出す奇跡のゲームだった。 幸運にも魔法の力を得て、充実した日々を送る少女たち。 しかしある日、運営から「増えすぎた魔法少女を半分に減らす」という一方的な通告が届き、 16人の魔法少女による苛烈で無慈悲なサバイバルレースが幕を開けた……。 第2回『このラノ』大賞・栗山千明賞受賞作家の遠藤浅蜊が贈る、マジカルサスペンスバトル!

「魔法少女育成計画」とらのあなポータルページ

ポータルページからして本性を隠す気がさらさらないので紹介してしまいますが、かわいいキャラクターのイラストとは裏腹なダークな背景の装丁、そして「魔法少女」というキーワードから察しの通り、魔法少女まどか☆マギカのような魔法少女として選ばれた者が過酷な運命に巻き込まれるという類の作品です。

ダークな魔法少女物の代表格である魔法少女まどか☆マギカとの違いは、魔法少女まどか☆マギカが基本的に魔女という敵と戦ったり、魔法少女に与えられた残酷な現実を中心に物語が展開するのに対し、魔法少女育成計画では魔法少女同士が魔法を駆使してバトルすることに終止するところです。 魔法少女まどか☆マギカはしばしば仮面ライダー同士が戦う仮面ライダー龍騎と対比されることが多かったのですが、魔法少女育成計画の方がより仮面ライダー龍騎に近しい作品だと思います。

それと、本作品の魔法少女とはあくまで変身後の姿を指す言葉であり、変身前の正体が少女であるとは限りません。 すなわち、男の子の魔法少女もいるってことですよ!やったぜ。

魔法少女同士が生き残りを賭けて戦う

魔法少女育成計画は「16人の魔法少女による苛烈で無慈悲なサバイバルレース」と銘打たれていますが、スタートの号砲がなるやいなや戦い合うというものではありません。

そもそものサバイバルレースのルールは、本作での魔法少女の本分である困った人を助けることで、その貢献度に応じたポイントを競い合うというものでした。 そして、貢献ポイントが一番少なかった魔法少女が脱落してしまうのです。

最初のうちは貢献ポイントの競い合いをしていましたが、そのうち魔法少女同士が戦いあった末の脱落もルールのうちだと気がついた魔法少女達は、次第に戦いの中に身をおくようになっていきます。

このように、わりかし日常に近いところから血なまぐさい非日常へとシフトしていくこともまた本作品の魅力です。

また、本作の特徴として脱落の描写があっさりしていることです。 まるで使い捨てヒロインと言わんばかりに、魅力あるキャラクター達がバッサバッサと切り捨てられていきます。

脱落シーンはキャラクターの最期の見せ場としてヒロイックに描写されたり、魔法少女まどか☆マギカのマミさんのように作中のキャラクターや視聴者に衝撃を与えるものとして描かれるものなのでしょうけど、本作では特に意味もなく脱落していくのが目立ちます。

役割の与えられない脱落シーンは見てて結構キツいものがありますね。

以上、ネタバレに配慮してふんわりと紹介してみました。

アニメ化プロジェクトも進行中

本作「魔法少女育成計画」は大人気御礼につきアニメから決定しています。 放送は2016年内を予定、原作の1巻である「魔法少女育成計画」のみをアニメ化するというもののようです。

mahoiku.jp

ライトノベルのアニメ化作品というと、大抵が1巻分を3〜4話ほどでまとめてしまうことが常です。 そういった中でライトノベル1巻分を1クールに渡って描き続けるというのは異例のことです。 原作では脱落シーンを含めて描写があっさりしていた部分が多々あったので、そういった部分やキャラクター描写を補完しながらアニメーション作品として仕上げるのでしょう。

放送が待ち遠しいです。