musirak.com

音楽制作に関することをメインに、他には趣味の話もぼちぼち書いているブログです。

全天球カメラ(THETA V、VIRB360、FUSION)が気になる

Moonstruck House

このところ、動画作成にも熱を入れるようになってきました。
そして、その題材に今流行りのVR対応すべく、全天球カメラにも興味が湧いてきました。

ということで、今回は動画作品用の素材を撮影する向けの全天球カメラを見繕ってみることとします。

気になるカメラ

RICOH THETA V

製品紹介 | RICOH THETA

全天球カメラ市場の先駆者と言うべきRICOH THETA。
その最新機種にしてハイエンド機種なのがTHETA Vです。

THETAの特徴は何と言っても「使いやすさ」にあるでしょう。
全天球カメラは今や各社から販売されており、それほど物珍しいものではありません。
それでもTHETAが今の地位を確立しているのは、撮影した映像を手持ちのスマホで見たり、加工したり、SNSへシェアしたりの作業が簡単かつ手軽にできるからです。
本体にしても、備わっているのはシャッターボタンやモード切替ボタン程度とシンプル。詳細な設定は全部スマホのアプリでするようになっています。
そのため、ガジェットに明るくない人でもサッと使えて、詳しい人はアプリで設定を追い込めるようになっています。

THETA Vもまた、そんなTHETAシリーズの使いやすさを継承しつつ、ハイエンド機種ならでは4K解像度に対応しています。
YouTubeを始め、最近は動画投稿サービスも高画質な動画の投稿にも対応してきているので、4K対応のカメラがあっても損はないでしょう。

Garmin VIRB 360

VIRB 360 | スポーツ・フィットネス | 製品 | Garmin | Japan | Home

スポーツやっている人ならおなじみのメーカー、Garmin(ガーミン)。
そんなGarminもアクションカムが流行りだしたあたりから自社ブランドのアクションカムを販売しており、全天球カメラにしてもVIRB 360という機種を販売しています。

VIRB 360はTHETA Vと違って、静止画撮影より動画撮影向きなアクションカムです。
日常の風景を撮影するというよりは、エクストリームなスポーツの様子を撮影して、動画視聴者にリアルな体験をさせることに重きを置いています。

VIRB 360最大の特徴はカメラ以外にもセンサーが搭載されていることで、これにより位置情報や移動速度、高度などが映像と同時に記録されます。
また、本体内蔵のセンサー以外にも、別売りの心拍センサーやサイクルコンピューターなどをVIRB 360と無線接続していれば、それらのデータも同時に記録されます。
こうして記録されたデータは専用アプリで映像にオーバーレイすることができるので、例えば自転車に乗っているところを撮影した映像に、撮影当時の速度や心拍数などを表示することも可能になります。

GoPro Fusion

GoPro | Fusion

アクションカムの立役者といえばGoPro(ゴープロ)。むしろ、GoPro自体がアクションカム全般を指しているといっても過言ではないです。
GoPro Fusionは、そんなGoProが発表した全天球カメラです。
後発製品なので、性能は先発機種と同等か優れています。

Fusionの目玉機能はOverCaptureというスマホアプリ。
OverCaptureを使えば、Fusionで撮影した全天球の動画から、通常の画角の動画を切り抜くことができます。
これなら、とりあえずFusionで撮影するだけしておいて、後から自分の欲しい部分を切り抜くという使い方もできます。
こういった機能は上で紹介したGarmin VIRB 360でも、VIRB EditというMac/PC用のアプリでできるのですが、やはりスマホアプリでできる方がユーザーとしても気軽に扱えます。

この他にも、GoProはアクションカムを使いやすくするソフトウェアを多数展開しているため、使いやすさの点ではGarmin VIRB 360を上回りそうです。

2018年1月初旬現在、日本未発売。国内販売は4月予定とのこと。

静止画ならTHETA V、動画ならVIRB360かFusion

とりあえず、気になる全天球カメラを3つほど挙げましたが、当然ですがこれらのカメラは三者三様の特徴がありますし、得意な分野もそれぞれ違います。

THETA Vは日常や観光地での出来事やイベントの様子の臨場感あふれる写真に収めることが得意です。
そして、撮影したら即座にSNSで共有することができるスピード感があり、自身の体験をリアルタイムに共有することができます。

一方のVIRB360やFusionはハードなスポーツだったり厳しい環境下での活動をも撮影できる、タフなアクションカメラです。
VIRB360は様々なセンサーを使いつつそれらのデータを動画と一緒に表示できますし、Fusionは撮影した後の作業が気軽に行えます。
そして、両者とも多彩なアタッチメントで様々な場所にカメラを取り付けられるので、迫力満点の映像を撮影できることでしょう。

今の所、私の心はVIRB360かFusionに傾いてます。
THETA Vの価格と手軽さは魅力的ですけど、自転車に乗っているところの撮影、特にオフロードでの撮影を考えるとなると、タフなVIRB360かFusionが欲しくなるところです。
ただ、Fusionはまだ国内販売されておらず、詳しいレビューもそれほどない為、それらが登場するまでは様子見して置いた方が良さそうかなというところです。