musirak.com

音楽制作に関することをメインに、他には趣味の話もぼちぼち書いているブログです。

【スプラトゥーン2】スーパーなアップデートのBGMに秘められた日本的リズム

Japan

スプラトゥーン2に待望のアップデート!
システム関係をはじめとして、数多くの要素がアップデートされます。

最近はヴァリアブルローラーをぶん回している私ですが、このアップデートを待ち望んでいました。

さて、今回はアップデートの中でも、告知映像のBGMにも使われている曲が気になったということで、そこを詳しく突っ込んでみようと思います。

Fins & Fiddles ~深海の喜劇~


スプラトゥーン2 やったぜ!スーパー!なアップデート 2017.11.24

こちらに用いられているBGMこそ今回取り上げる曲で、スプラトゥーン2作中のバンド「From Bottom」による「Seafoam Shanty ~荒波ロデオ~」です。
ヴァイオリンの高速フレーズが特徴の軽快な曲です。

フォークロアとパンクロックが融合したバンドということで、ロックバンドにヴァイオリンが入っているという、日本人的には聞き慣れない組み合わせかと思います。
ですけど、違和感なく耳に入ってくるばかりか、むしろリズムに乗りやすい曲だとは思いませんか?

その理由は曲のリズムにあります。

一本締めのリズム

まずは冒頭のフレーズ。
いきなりですが、ここのリズムで日本人は早速曲に引き込まれますが、よく聞くとおなじみのリズムが隠れています。
アクセントのある部分に注目してみてください。

おわかりでしょうか?
そう、「タタタン タタタン タタタンタン」の一本締めのリズムです。

これに気づいてしまうと、最後に「ヨッ」と合いの手を入れたくなりませんか?
あと、最初のギターのハウリングが「イヨーッ」と心なしか聞こえる気がしませんか?

三三七拍子のリズム

一本締めのリズムの後に続くのはヴァイオリンによる高速フレーズです。
いきなりテクニカルなフレーズが出てきて度肝を抜かれるでしょうが、それでも馴染みのあるリズムにも思えます。

ヴァイオリン特有の奏法で複雑に音が絡み合って聞こえるため、先の一本締めのリズムと比べると聞き取りが難しいですが、これもアクセントに着目して聞いてみると、「タタタン タタタン タタタタタタタン」と、運動会の応援でおなじみの三三七拍子が浮き出てきます。
早いフレーズなので、聞き慣れた三三七拍子のリズムと違う印象を受けますが、原曲をスロー再生するとわかりやすくなります。

リズムで世界を塗り替えなイカ?

イカのDNAにシオカラ節がに刷り込まれているように、一本締めのリズムと三三七拍子のリズムもまた、日本人のDNAに刷り込まれているリズムです。

一本締めや三三七拍子などのリズムは、日本古来の伝統、文化、宗教に由来します。
そのため、こういったリズムは日常のあらゆる場所に溶け込むこととなり、我々も知らず知らずのうちに用いていたりします。

今回紹介した「Seafoam Shanty ~荒波ロデオ~」では、そういった馴染みあるリズムを取り入れることで、耳に残るが違和感のない音楽を構築しています。
そして、この曲を告知映像に使用しているということは、馴染みあるリズムを知った上で曲中に取り入れ、意図的にキャッチーさを演出していると断定できます。

心地いいリズムは人によって、民族によって、育った環境によって違ってくるものです。
そんなリズムを探求して見るのもまた、音楽の楽しみ方の一つですよ。