musirak.com

音楽制作に関することをメインに、他には趣味の話もぼちぼち書いているブログです。

Apple Motionの教材が少ない

Education

先日制作した動画ではApple Motionというソフトを使用していたのですが、このソフトの情報が少なすぎて問題解決に一苦労しました。
安くて高性能で使いやすいという三拍子揃ったソフトではありますが、それでも疑問質問は湧いてきますので、情報が少ないと辛いところがあります。

制作した動画は以下。動画部分は全てMotionで作りました。

www.musirak.com

Motionって?

MotionはApple が販売しているMac専用のモーショングラフィックス制作ソフトです。
テレビだったり動画サイトで目にする、派手な動きをする映像はモーショングラフィックス制作ソフトで作られています。   要は映像にエフェクトをかけるなどの処理を施して、見栄えのいい映像にするソフトです。  

この分野のライバルといったらAdobe AfterEffects、動画制作経験のある方なら一度は聞いたことのあるソフトでしょう。
AfterEffectsとはまたアプローチの違ったり、得意なことと不得意なことが違ってはいるものの、だいたい同じようなことができます。  

そんなMotionの価格は6000円。安い、安さが爆発しすぎているッ!
ライバルのAfterEffectsが2,180 円/月 (税別) のサブスクリプションライセンスとなっていますが、その3ヶ月分に満たない価格でずっと使い続けられるのは破格です。

www.apple.com

Motion

Motion

  • Apple
  • ビデオ
  • ¥6,000

情報がとにかく無い!

しかしこのMotion、とにかく情報がないのです。
ネットを調べても、使っていそうな人がなかなか見当たりません。

解説書もあるにはあるけど、Final Cut Proのついでに解説されてるぐらいの寂しい情報量です。
Motionは元々Final Cut Studioというパッケージに付属していたソフトという経緯があるので、Final Cut Proのついで扱いされるのは仕方ないことなのでしょうが。
ただ、Motionはこれ単体でも十分に作品作りができるソフトなので、オマケ扱いされるのは悲しいです。

ちなみに、私がMotionで何かしたいことを調べる時、最終的にはApple公式のヘルプにたどり着きます。
ここぐらいしか詳しく書いていないですし、ここ以上に詳しい解説もないですね。

support.apple.com

ちょっとずつ勉強してくのもいいかも

このようにMotionの扱いには結構苦労していますが、その甲斐あってか簡単な動画ならパパッと作れるようになってきました。
Appleのヘルプさまさまです。

動画制作という分野にはこれまで踏み込んだことがなかったので、そのために勝手がわからず苦労している部分もあります。
ですが、1から10まで何もかもお膳立てされて動画制作するよりも、少しずつでも学びながらの方が覚えは良くなるとは思います。
苦労は美徳とは思わない主義ですけど、自分がやりたいことのためには苦労したって構わないです。

そんなよちよち歩きの動画制作ですけど、今がそれなりに楽しくなってきたところなので続けてみようと思います。
あちこち走り回った時に撮影した動画素材が結構あるので、ネタには困ってないですから。