読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

musirak.com

音楽制作に関することをメインに、他には趣味の話もぼちぼち書いているブログです。

Ableton Push 2を購入しました

Just arrived - Push from @ableton

Ableton Live専用コントローラー「Ableton Push 2」を購入しました。
Ableton Push 2に触れる機会があったので試してみたのですが、ソフトウェアであるAbleton Liveをハードウェアのシンセサイザーやサンプラーなどと同じ感覚で使えるという印象を受けたので、即購入に至りました。

かなり値の張るコントローラーなのでおいそれと手を出しにくいかもしれませんが、Ableton Liveユーザーなら一度触れてみたり購入を検討したりすることをオススメします。

Learn more about Ableton Push | Ableton

フレキシブルな操作が可能なコントローラー

Ableton Push 2は64個のパッドを中心としたAbleton Live専用コントローラーです。
このパッドはドラムやメロディの演奏、シーケンスの打ち込み、セッションビューにおけるクリップの操作など、様々な用途に利用します。

Push 2と他のコントローラーの違い、それはAbleton自身がLiveのためだけに設計開発したということです。
そのため、他社の汎用コントローラーとは一線を画したフレキシブルな操作が可能です。

その一例を挙げると、本体上部のノブは選択されているトラックに合わせて自動的にパラメータがアサインされ、その下の液晶ディスプレイにはパタメータ値が表示されます。
Liveでの操作のほとんどはPush 2上で行え、インストゥルメントやエフェクトの追加も可能です。
慣れればLiveの画面を見ずに、Push 2を操作するだけで音楽制作を最初から最後までできるらしいです。

確かに私も、Push 2上だけででできることの多さに驚きました。
それだけでなく、作業スピードの高速化も図ることができるので、閃いたアイデアを冷めないうちに打ち込めることが一番気に入りました。

パッドでのメロディ演奏は可能?

Push 2を導入するにあたり、誰もが気になるのが鍵盤ではなくパッドで演奏することでしょう。
パッドはドラムの演奏なら便利そうですが、メロディとなるとどうでしょうか。

私がPush 2を触って感じた印象はパッドでメロディを演奏するのも悪くない、いやむしろパッド方が鍵盤での演奏よりも快適なのではと思うことすらありました。
古くから音楽においては鍵盤が代表的なインターフェースとされてきましたが、今日においてはその認識を再定義するべきではという考えすらも浮かびます。

この辺は色々思うところがあったので、別記事に書きました。

www.musirak.com

Push 2はLiveでの音楽制作を激変させる

音楽制作していると煩わしいと思う作業、その一つが新たな音楽性の探求です。
つまり、様々なフレーズや音色、エフェクトを試して音楽の引き出しを広げたり、制作中の音楽に新たな要素を盛り込んだりする作業です。
現実には多くのミュージシャンがこの作業を敬遠し、その結果どこかで聞いたことのあるようなフレーズや音色を用いてしまうのです。

LiveとPush 2の組み合わせはこういった実験的な探求をスピーディかつストレスなく行えます。
思いついたメロディを様々なキーやスケールで、音色やエフェクトもリアルタイムにパラメータを変化させ続けて納得いくまで追い込む。
そんな試行錯誤が面倒でなくなる、いやそれ以上に楽しくなるのがLiveとPush 2による音楽制作です。

私はまだ本格的にPush 2を触ったわけではないのでこれ以上の詳しいところまではわかりませんが、Push 2を触り始めてまた何か掴めてきたら続報の記事を書く予定です。