読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

musirak.com

ペダルを漕いでいれば何処まででもいける・・・そう思っていた時期が私にもありました。

7月度のPVは28969、惜しくも3万PVに届かず・・・

まとめ

30000

1周年を迎えた本ブログの7月度月間PVは28969、3万PVまでもう少し届きませんでした。 やはり1日1000PVの壁は厚い。

巷ではPVが100万だとか50万円稼いだとかいうブログがあるようですが、普通の人にはこの辺が精一杯なものですよ。

www.musirak.com

さて、今月もまたブログのまとめついでに今月の予定でも綴っていきます。

はてなというものがなんだかよくわからない

そういえば本ブログってはてなブログで運営している割には、その機能をあまり活かせてないかもです。

一時期、以下のようなブロガーリストが話題になりましたね。

相互ブクマはてなブロガーリスト(旧名:はてな互助会メンバーリスト)

ここに乗っかっているような人たちって話題になるブログとして度々目にする、いわゆる人気ブロガーがかなりの割合を占めています。 そして、そんな人気ブロガー達はリストの説明にもある通り「はてなブログとはてなブックマークをヘビーに使いこなす超アクティブなはてなユーザ」なわけで、ばっちり「はてなの機能」を使いこなしているでしょう。

一方の私はブログを書いたらそれで終わりってパターンが多く、たまに読者登録しているブログをさらうぐらいになっていることがほとんど。 ネットの世界に入り浸れる時間もそれほど取れないので、仕方ないっちゃ仕方ないかもです。

これからもそんな状況は変わらないと思うので、本ブログの運営としては「はてなの機能」をあまり活かすことのないものが続くでしょう。 「はてなの機能」を使うのにも結構疲れますし、しょうがないね。

夏休みの自由研究

さて、先月末から始めました邦楽と洋楽についての記事について。

www.musirak.com

この件に関しては自分の中でも一度決着を付けておかなければならないと前々から思っていたので、思い切って踏み込んでみることにしました。

このての話題は、話題が話題だけに炎上するかと思いましたが、ふたを開けてみれば特にそんなことはありませんでしたね。 腹筋ボコボコパンチ食らうことを覚悟でしたけど、実際のはてなブックマークのコメントは批判色は薄く、むしろ今後の展開を予見している鋭いコメントや、調査の方針の参考になるコメントもあり、至って健全で安心しました。

この記事には記事内でも書かれている通り、まだ続きがあります。 先の記事は始まりに過ぎません。 できれば8月中に続編を色々書いていく予定です。

このシリーズを書き出すにあたって軽く事前調査を行い、おおよそ4~5記事ほどのボリュームになりそうだとあたりはつけています。 ですが、本格的な調査をしていく中でさらに追記したいことが出てくるかもしれません。

この件は別に本にして出版するわけでもないので、夏休みの自由研究みたいなものと捉えて調べたりまとめたりしようと思います。 けど、今年は夏休みなんて無いようなもんだけどな!

東京マラソン2017にエントリーしました

今年も東京マラソンのエントリーが始まりました。 エントリー期間は8月1日から8月31日まで。 先着順ではなく抽選なので、エントリーを考えている人もまだ焦らなくてもいいですよ。

トップページ | 東京マラソン2017

今年はコースが変更になり、ゴールが東京ビッグサイトから東京駅前に変わるみたいですね。 それにコースがコンパクトになったという感じです。 でも、コースが変わったと言ってもコース全体がフラットなことには変わらないので、フルマラソン初参加者が最初に挑戦するのに適していたり、経験者でも好タイムを積極的に狙える大会であることには変わらないでしょう。

倍率は例年通り相変わらず10倍以上になるであろうことが予想されます。 なので、走れたらラッキーってぐらいに思っておきます。

どうしても走りたかったら10万円以上寄付することでエントリーできるチャリティーランナー枠というのもありますし。

「全日本マウンテンサイクリングin乗鞍」を走ります

8月28日には以前走った「ツール・ド・美ヶ原」と対をなす「全日本マウンテンサイクリングin乗鞍」が開催されます。

全日本マウンテンサイクリングin乗鞍

「ツール・ド・美ヶ原」の時は目標としていた90分切りをギリギリ達成できなかったので、乗鞍はリベンジする気持ちで望みます。 こっちも目標は90分で。

www.musirak.com

心配なのは当日の天気ですね。 去年と一昨年は大会当日が悪天候だったために、コース短縮されています。 一昨年は山荘まで、去年に至っては三本滝までと、乗鞍に登ることを楽しみにしていたヒルクライマーにとっては残念なレースになってしまいました。 今年こそ晴れますように。

それと、そろそろ試走しておかなきゃです。