musirak.com

音楽制作に関することをメインに、他には趣味の話もぼちぼち書いているブログです。

MacBook Pro、買うよッ!

日本時間の2016年10月28日、ついにMacBook Proが発表されましたね。

MacBook Pro - Apple(日本)

先代機種からグレードアップしたスペック、USB-Cと互換性のあるThunderbolt 3、そして新しいTouch Barの搭載と、全体的なパワーアップが見受けられます。

ということで買います。

Macがないと何かと不便

現在、私の家のMacは壊れています。

原因はロジックボードに起因するものと思われるので、パーツ交換による自力でも修理は困難です。 そうなるとApple Storeに持ち込んで修理してもらうことになるのですが、その修理費もバカにならないでしょう。 それによしんば修理したとしても、そのMacは5年以上前の機種になるので、スペック的にも最近機種には劣ってきますし、なによりAirDropなどのiOSとの連携機能が使えないということでうま味がありません。

まあ、音楽制作だけに関してはiPad Proだけでも十分に対応可能・・・とは言いますものの、今まででも最終的に詰める段階ではMacに頼ることも多々ありましたので、やはりMacは欲しいですね。 本当なら、全部が全部iPad Proでこなせればいいんですが。

それに世の中のこと全てが全てiPad Proに対応しているわけではないので、どうしてもMacやPCが欲しくなってしまうものです。

この際、Macから他のOSに乗り換えてしまうのもありなんでしょうけど、音楽制作においてMacでしか動かないプラグインとかも使っていたりするので、引き続きMacを使い続けたいという思いもあります。

というわけで、今回リフレッシュされたMacBook Proを購入すると決めました。

スペック(追記)

オーダーしたスペックは以下の通り。

• 2.9GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.8GHz)
• 16GB 2,133MHzメモリ
• Radeon Pro 455(2GBメモリ搭載)
• 1TB PCIeベースSSD
• Thunderbolt 3ポート x 4
• Touch BarとTouch ID
• 感圧タッチトラックパッド
• バックライトキーボード (JIS)

CPUは一番いいものを、GPUは真ん中、SSDはとりあえず音源やらサンプルやらを置いていても大丈夫なように1TBを確保しています。

それにしてもGPUは一番下、SSDは買った後に分解して大容量のものを取り付けるようにすれば、もっと導入費用を抑えられただろうと後から改めて思いましたが、眠い目をこすりながらハイテンションでオーダーしてた故に致し方なし。

キーボードは使い慣れているJIS配列です。 US配列のほうが美しいからという理由でそっちを選ぶ人もいるみたいですが、Macは愛でるものではなくあくまで使い倒すものなんで、私は実用的な方を選びますよ。

これだけのものをオーダーすると次のクレジットカードの請求がとんでもないことになりそうで怖いです。 でも、必要経費だからしょうがないね。

Touch Barは便利そう

プログラマーやライターをはじめとした文字入力を頻繁に行う人たちからは何かと批判されているTouch Barですが、私はTouch Barに淡い期待を抱いています。

たしかにTouch Bar搭載によって物理的なescキーがなくなるのは痛手ではありますが、Touch Barはあったらあったで何かと便利なんじゃないでしょうか。 しばらく使って入れば慣れますよ、多分。

むしろ、Touch Barは音楽制作においてメリットとなりえると考えています。 MacBook Proの発表会の際に、Touch BarのデモでDJ ProによるDJプレイを行なっていましたが、音楽制作用のDAWにおいてもあのように専用コントローラーなしに気軽にリアルタイムなパラメーター操作ができるようになるのではないでしょうか。 また、タイムライン操作やテンポ設定などのキーボードやマウスでやるとちょっと面倒くさい操作なんかも、Touch Barならやりやすそうです。 こういったTouch BarとDAWの連携はApple純正のDAWであるLogicはもちろん、最近iOSとの連携に力を入れて様々な新機能を追加してきているAbleton Liveなんかも組み込んでくれるんじゃないかって期待しています。

レビューは・・・気が向いたらね

MacBook Proのオーダーは本日より始まりましたが、実際に物が手元に届くのは最短で2週間後。

その間にデモ機を貸し出してもらって使用感をレビューする大手メディアのレビュー記事が乱立するでしょうし、実際に私の手元に届く頃にはあらかた意見も出尽くしていることでしょう。 そこで、私がレビューをしても今更感のあることしか書けないと思います。

なので、私の方では積極的にMacBook Proのレビューはやらないと思います。 開封の儀なんてもってのほか。あれ嫌いですから。 ただ、まだ出ていない意見があった時や自分なりに面白いと思ったところ、特に音楽制作関連のことがあったときにはレビューするかもしれませんね。

そんなわけで、あとは心してMacBook Proの到着を待つのみです。