読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

musirak.com

ペダルを漕いでいれば何処まででもいける・・・そう思っていた時期が私にもありました。

ギター初心者はCコードから覚えてはいけない

音楽 音楽-考察・感想

photo by Lel4nd

ギターを初めて最初に覚えるコード、たいていのギタリストはCコードだったでしょう。

ギターを初心者に教える人も、大抵の人がCコードから教えています。 独学の場合でも最初に覚えるのはCコードである本やネットの情報がほとんどです。

でも、このCコードから教える学習法は悪手です。 私はCコードから教えることこそが、ギターに挫折する人を増やす一因とさえ思っています。

大多数がFコードで躓く

ギター初心者に対して一番最初にCコードを教えてはいけない理由、それは初心者キラーと悪名高いFコードに早々に出会うことになるからです。

Cコードを最初に教える、それはすなわちCメジャースケール(ハ長調)上のコードを使ってギターを演奏することになります。

Cメジャースケールはピアノの鍵盤で黒鍵を使わずに白鍵のみの「ドレミファソラシド」で構成されるスケールです。

Cメジャースケールの主要3和音は以下のとおり「C(トニック)」「G7(ドミナント)」「F(サブドミナント)」です。 以下ではそれぞれのコードダイアグラムを示しています。

図のコードダイアグラムに示したとおり、CコードとG7コードは押さえる場所が3つと、頑張ればなんとか抑えられそうな気がします。 しかし問題はFコード。 コードダイアグラムではまるまる1ライン押さえるような描かれ方をしていますが、これは人差し指を使って1フレットで全ての弦を押弦しながら、他の指で3箇所を押さえるというものです。 このような押さえ方をするコードをバレーコードといいます。

コードダイアグラムだけでなく、イラストで表してみました。 このFコード、ギター初心者の命を刈り取る形をしているだろう?

Cメジャースケールを使うならFコードは避けて通れません。 でも、Fコードは初心者にとって強敵。 立ちはだかる強敵のFコードはギター初心者のやる気を削ぎ、今日も今日とてギター初心者を挫折させています。

このFコードをドラクエで例えるなら、ローラ姫をさらっていって洞窟で待ち構えているはずのドラゴンと城を出発してすぐにエンカウントするようなクソゲーっぷりです。

バレーコードを克服するのはずっと後でいい

ギターでいろいろな曲を弾いたり、もっと上手になりたいというなら、このFコードを含むバレーコードも克服しなければならない時が来るでしょう。 ですが、それはギターを初めてすぐのことではないと思います。

ドラクエのドラゴンもローラ姫を助けるためには倒さなければならない敵ですが、それも十分にレベルアップして装備を整えた後にすること。 たけざおを担いで裸一貫で挑むものではありません。

ギターをそれなりに弾けるようになって、ギターの楽しさがわかってきた頃になると、ちょっと欲が出てさらなる表現を求めたくなる頃が来ます。 そうなった時、満を持してバレーコードを習得するのがいいと私は思いますよ。

教える側の怠慢

バレーコードが難しいなんてとっくにわかりきっていること。 それなのに、なぜ今でもバレーコードに早々に遭遇するCメジャースケールを用いて、ギター初心者にギターを教えようとするのでしょうか。

正直、この現状を変えようとしないギタリスト界隈やギター業界の怠慢だと思っています。 Cメジャースケールはピアノ鍵盤や五線譜で表すには都合の良い物でも、ギターにとってはバレーコードという難しい要素を含んでいます。 ギター初心者に茨の道を歩ませることを良しとする、ギター界隈は未だこんなことがまかりとっている不思議時空です。

まあ、こういった現状が改善されないのは、教える側はバレーコードを普通に弾けるというのが一因かもしれませんね。 バレーコードを弾ける人にとって、バレーコードは乗り越えてしかるべきものという認識なのでしょう。

どのコードから覚えればいいの?

私のオススメはGコードから、つまりGメジャースケールから覚えていくのがいいと思います。 その理由は次のとおりです。

  • 主要3和音(G、C、D7)はバレーコードなしに弾ける
  • 一般的にはバレーコードを使うBmはバレーコードを回避して弾ける

これらの詳細は以下の記事に書きました。

www.musirak.com