読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

musirak.com

ペダルを漕いでいれば何処まででもいける・・・そう思っていた時期が私にもありました。

ブログの投稿時間に適しているのはいつなんだろう

世の中 世の中-ブログ

photo by ToniVC

今年から、本ブログでは記事の投稿を朝に行っています。 去年までは夜でした。

最初のうちは単なる気まぐれでした。 ですが、ブログの投稿時間も夜から朝に変えたところアクセス数が少し伸びたので、今でも朝に記事を投稿することを続けています。

当ブログの場合は良い結果に転びましたが、そもそもブログ記事の投稿時間はPV数に何か関係ってあるんでしょうかね?

記事投稿を朝にするのが良い理由

記事を朝に投稿するとこういう効果があるんじゃないかって、私なりに次のように考えてみました。 どれもこれも推測の域を出ませんが。

お昼の休憩時間に見られる

ブログってがっつり時間をとって気合を入れて「よっしゃ読むぞ!」という風に読むよりも、ちょっとした空き時間に読まれることの方が多いんじゃないかって思っています。 そのちょっとした時間の1つがお昼の休憩時間です。 そんなお昼の休憩時間の前に記事を更新すると、はてなブログやfeedlyで読者登録している方にとっては、当ブログの更新情報が目につくような位置に現れます。

ライバルが少ない

インターネットのゴールデンタイムはやはり夜です。20時から0時、ときには深夜過ぎまでそれは及びます。 ブログに関してもそういうゴールデンタイムに更新されることが多いので、それに合わせてブログを更新すると目立たなくなってしまうのではないかと思います。

だからこそ、あえて記事を朝に投稿することで他のブログよりも目立てるのではないかと思っています。

Twitterのタイムラインが穏やか

当ブログも記事を投稿したことをTwitterにお知らせしています。

ご存知の通り、Twitterにおいても夜の時間帯のタイムラインの流れは穏やかじゃありません。 更新情報を放流したとしても、あっという間に流れていってしまいます。

逆に朝の時間帯のTwitterは穏やかです。 更新情報のツイートが流れにくいです。 朝の時間大和見る人も少ないかもしれませんが、見ている人にはインプレッションを与えることができます。

実際のところはどうなんだろう?

上のことは入念な調査を重ねた上での結論ではありません。 単に朝に投稿するようになった途端にアクセス数が上がっただけという、ただの結果論です。

よしんば投稿時間によってアクセスに影響があるとしても、ブログのタイプによって異なるでしょうし、ひとくくりにアクセス数が上がる投稿時間は決まるものではないでしょう。

当ブログでは、もうしばらく記事の投稿時間を朝にしてみようと思います。

「この時間帯がオススメ」だとか、「こうしたらイイよ」などの情報がありましたら教えて下さい。 お願いします。

世界トップリーダー1000人が実践する時間術 (中経出版)

世界トップリーダー1000人が実践する時間術 (中経出版)