読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

musirak.com

音楽制作に関することをメインに、他には趣味の話もぼちぼち書いているブログです。

音楽で楽して稼ぎたい私がいつも使っちゃうプラグイン・インストゥルメンツ【2015年版】

photo by Jeroen Berndsen

前回のエフェクトまとめに引き続き、音源の方もまとめてみます。

全体的にはシンセサイザーサウンドを使うことが多いですね。 定番のプラグインから知る人ぞ知るものまで様々ですが、どれも買って間違いない一品です。

www.musirak.com

定番シンセ3兄弟

殆どのミュージシャンが持ってるんじゃないかって感じの定番シンセです。 どれもクオリティの高いプリセットがいろいろ販売されているので、音作りが苦手って人でも使いこなせます。 音作りに慣れている人でも市販のプリセットを覗いてみることで新発見があるうかもしれないので、みんなプリセット買って使ってみるといいと思います。

LennarDigital Sylenth1

リードサウンドから効果音的なサウンドまで、様々な用途に使える万能シンセサイザーです。 定番中の定番中の定番シンセサイザーです。

音色の傾向としては「抜ける音」で、曲中でここぞとばかりに目立ちます。

Sylenth1 | LennarDigital

Native Instruments Massive

ベースサウンドといったらコレって感じで使われている事が多いシンセサイザーです。

音色の傾向としては「太い音」で、どっしりとした存在感が特徴です。 ちゃんとフィルターで処理してあげないと、曲に雑味が含まれてしまいます。

Komplete : シンセ : Massive | 製品

Reveal Sound Spire

比較的新しいシンセサイザーですが、定番の座に上りました。

音色の傾向としては「最新の音」です。 上記2つのシンセサイザーよりも華やかな音って気がします。 ダンスミュージックやるなら持っておいて損はないと思います。

Reveal Sound :: Spire Synthesizer

reFX Nexus

上記のシンセサイザーとは違って、サンプリングした音をピッチを変えて鳴らす、いわゆるロンプラーというシンセサイザーです。 音色を追加するにはreFXのページで購入するしかなく、自分でサンプルを追加することはできません。 これが中身の割に結構高い。 でも、出音はホントいいです。

Nexus | reFX

以下のページに購入方法が書いてあるので、気になる方は参考にしてください。 それにしても、ドングルを海外から個人輸入しないといけなかった頃から比べると簡単になっていますね。

shikaku-dot.hatenablog.jp

Sugar Bytes Cyclop

ダブステップやEDMでお馴染みのウォブルベースに特化したシンセサイザーです。 なのでプリセットにも穏やかじゃないウォブルベース音色がたくさん備わっています。

ですが、Cyclop先輩をウォブルベース専用シンセサイザーとして捉えるのはもったいないです。 Cyclop先輩には6つのシンセエンジンが備わっており、それらを組み合わせることもできるので、他のシンセサイザーとはひと味違った音を出すことができます。 Cyclop先輩で作った音をサンプリングしてサンプラーで鳴らせば和音を奏でることもできますが、Cyclop先輩のキャラが濃い目なので単音を鳴らすのがおすすめです。

あと、Cyclop先輩のインターフェース上でゲームができます。

Sugar Bytes Cyclop

XferRecords Serum

ウェーブテーブルシンセサイザーという、自分で取り込んだ波形を元に音色を作るシンセサイザーです。 知名度はそんなに高くないので、知る人ぞ知る存在です。

プリセットを読み込んで使うというよりも、自分で音色を作り込める人向けかもです。 音、操作性ともに好みです。

私はコレに公式フォーラムで配布されていたAccess Virusの波形を取り込んで使っています。 その他にも作ったシンセの音色をサンプリングして取り込んだり、サンプル素材を取り込んで使ったりとで、バリエーション豊かな音を奏でられます。

XferRecords.com | Home of the Xfer Records VST Suite

Spectrasonics Trilian

ウッドベース、エレキベース、シンセベース、ありとあらゆるベース音色を詰め込んだベース専用音源です。

ウッドベース音色に惹かれて購入しましたが、それだけでも元は取れるほどハイクオリティです。 もちろんエレキベース、シンセベースもちゃんと使ってますよ。

Spectrasonics - Products - Trilian - Total Bass Module

Ableton Operator

Ableton Suiteに付属する4オペレーターのFMシンセサイザーです。 他のDAW使いには残念ですが、Ableton Live専用です。

FMシンセサイザーというとなんだか難しそうなイメージが付きまといますが、Operatorのオペレーターにはサイン波以外の波形も使えるので、ヴァーチャルアナログシンセサイザー的な使い方もできてとっつきやすいです。 そういったところからFMシンセサイザーに慣れていき、FMシンセサイザーを勉強するきっかけにできるシンセサイザーだと思います。

音色はFMシンセサイザーらしい澄んだ音が特徴です。

Operator | Ableton

Ableton Grand Piano

これもAbleton Live専用の音源です。 位置づけ的にはDAWを買った時についてくるピアノ音色ってやつなので、超ハイクオリティなわけではないです。

ですが、ダンスミュージックにマッチするいい感じの音が作れます。 コイツの真髄はパラメータを調整して初めて発揮されるので、是非かわいがってやりましょう。

Grand Piano | Ableton

Roland Integra-7(番外編)

こんなソフトウェア音源全盛期の時代ですが、いまだにハードウェア音源を使用しています。

ハードウェア音源のいいところはなんたったってMIDIさえ使えれば鳴らすことができるという、ホスト環境を選ばないところ。 また、ソフトウェア音源はホスト環境のリソースを消費しますが、ハードウェア音源はそういったことがないので、ホスト環境に余裕が生まれます。

Integra-7では主にオーケストラ楽器の音色を使っています。 この手の音色はアーティキュレーションを駆使しなければウソ臭くなるのですが、その設定もピッチベンドホイール1つでカンタンにできるので、素早く音色を作り込めます。 また、Motional Surround機能のおかげでミックスに苦労することはないです。

音色のクオリティは最近の大容量ソフトウェア音源にはかなわないでしょうが、より本物らしい音を作りたいならIntegra-7に軍配が上がると思います。

Roland INTEGRA-7 | SuperNATURAL Sound Module

終わりに

色々紹介してみました。 ドラム音源を一つも紹介していませんが、これは私がドラムにサンプル素材を頼ることが多いため音源をあまり使わないためです。

また、結構プラグインを買い込んでいるなと思った反面、DAWにバンドルされている音源も結構使っています。 DAWにバンドルされている音源は動作確認用のおまけなんて思わず、ちゃんと向き合って使ってみると新たな発見があることでしょう。

もちろん、そのためには色々なプラグインをためしてみることも大切です。 こういったプラグインには体験版が用意されていることが多いので、買う前に触ったり曲を作ったりしてみて、気に入ったら買いましょう。

ですが、年末年始の時期にはセールもやっているので、気になるプラグインは「Don’t think. FEEL!」の精神で早めに買ってしまうのもありです。

お金がない?そんな時は楽天カードマンがいるじゃない!?

楽天カード