読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

musirak.com

ペダルを漕いでいれば何処まででもいける・・・そう思っていた時期が私にもありました。

復活したVirtual Guitaristはギター音源群雄割拠の時代を生き残れるのか?

楽器・機材 楽器・機材-ソフトウェア

photo by tuppus

多くのミュージシャンに親しまれつつもディスコンになったVirtual Guitaristが、この度Virtual Guitarist IRONとなって復活しました。

www.virtualguitarist.com

Steinberg時代のVirtual Guitaristは、まだリンクが残っていましたのでそちらを参照してください。

japan.steinberg.net

サンプル音源

soundcloud.com

サンプルは歪み系の音色をアピールしているようです。

簡単操作のギター音源は出揃っている

Virtual Guitaristは打ち込みにテクニックを要するギター音色のプログラミングを簡単にできるということで、多くのミュージシャンに愛用されていました。

ミュージシャンといえど全員が全員ギターを弾けるわけではないですし、たとえギターを弾けたとしてもちゃんとした録音をするためには時間がかかりますし手間です。 そんなときでも素早くハイクオリティなギター音色をプログラミングできるVirtual Guitaristは、時間に追われるミュージシャンの救世主とも言える存在でした。

そんなVirtual Guitaristは突然のディスコンとなりましたが、後続のギター音源が次々と登場しました。

www.crypton.co.jp

fomis.jp

www.amplesound.net

TC Complete — Ilya Efimov Production

www.applied-acoustics.com

とりあえず簡単な操作で扱えるギター音源を集めてみました。 知っているだけでも結構あるものです。

つまり、Virtual Guitaristが市場から姿を消してから今までにこれだけのライバルが現れたということでもあります。 もう、手軽でハイクオリティなギター音源というだけでは生き残れない時代になってしまいました。 まあ、ユーザーにとっては嬉しい事なんですけどね。

とは言っても、上記で紹介したギター音源もそれぞれギターの種類も音色も得意ジャンルも違います。 Virtual Guitarist IRONは音色の特徴から、ハードロックやメタル向けとして需要がありそうです。 そういったジャンルの得意なギター音源は少ないので、Virtual Guitarist IRONはこの分野でも地位を確立していけそうですね。