musirak.com

音楽制作に関することをメインに、他には趣味の話もぼちぼち書いているブログです。

iPad ProにはPCから開放された音楽制作環境を期待している

photo by Bob Jouy

今週、iPad Proが解禁されたことでどこもかしこもiPad Proを話題にしていますが、かくいう私もiPad Proが気になっている一人です。

私がiPad Proに望むこと、それはDTM環境のPCレス化です。 これまでもPCレスを試みてきましたが、結局は制約が大きすぎてPCに戻ってきてしまいました。

それでもiPad Proなら・・・iPad Proならきっとなんとかしてくれる。 私はそう信じたいです。

PCは音楽制作に必要不可欠ではない

そもそも音楽制作がPCを用いたDTMになったのはごく最近のことです。 DTMが一般的になるまではMTRなどのレコーダーを使っていました。 更に以前では生演奏一発録りでしたね。

要するに録音して、その音源を編集できればDTMでなくとも音楽制作はできるのです。 現在、私はPC上にてAbleton Liveを用いてDTMしていますが、最近はOctatrackをはじめとするハードウェアにて作りこむことができるようになったため、LiveただのもMTRと化しています。 ならMTRを使えばいいんですが、そのMTRもDTMによって駆逐されて絶滅寸前です。 TASCAMのDP-32SDとかいいんですけど、MIDI端子がオミットされちゃってるのでリズムマシンやサンプラー繋ぎまくりたい私的にはよろしくないんです。

ということでPCより取り回しやすく、PC並の制作環境が構築できそうで、更にはPCで制作するよりもやる気スイッチが入りやすそうな(ここ重要)IPad Proに白羽の矢が立ったわけです。

iPadでもDTM環境が整ってきている

一昔前はiPadでDTMといっても小規模な音楽しか作れなかったり、iPadの音をPCに取り込んでからPCで編集するというワークフローを取らざるを得ませんでした。

www.studiorag.com

ですが、上記記事のようにiPadのアプリも豊富になり、音素材だけでなくエフェクトやミックス、マスタリングまでできるようになってきています。 さらにiPadではPCのようにマウスでポチポチパラメータをいじらずとも、画面にタッチしてハードウェアを扱うかのような直感的な操作ができるので、PCよりも作業しやすいことでしょう。

iPad ProのSmart Keyboardがカギ

私もiPadの方が操作性がいいことは知っています。

ですが、私がPCでのDTMから離れられなかったのには理由があります。 それはショートカットキーの存在です。

PCだとアプリケーションの操作にショートカットキーが使えます。 これによってマウスよりも、ハードウェアやiPadで直接操作するよりもはやく編集できたのです。 私はショートカットキーを多用する派なので、これがないiPadには馴染めませんでした。

しかし、iPad ProにはAppleが用意した専用のSmart Keyboardがあります。 iPad Pro以前まではAppleはiPad用のキーボードを用意しておらず、Bluetooth接続によるキーボードはあくまでも文字入力のサポートにしか過ぎませんでした。 ですが、AppleがiPad Pro用のキーボードを用意したことによって、今後はアプリのディベロッパーがキーボードのショートカットをサポートする可能性が出てきたのです。

ショートカットがサポートされ、自由自在かつ素早くアプリが操作できるようになった時、私のDTM環境のPCレス化は果たされることでしょう。 そんな日が来るといいですね。

続き

www.musirak.com