読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

musirak.com

ペダルを漕いでいれば何処まででもいける・・・そう思っていた時期が私にもありました。

LA Scoring Strings 2.5(LASS2.5)がセール中

楽器・機材 楽器・機材-ソフトウェア

Audiobro本家のストアでLA Scoring Strings 2.5(LASS2.5)を始めとするLASSシリーズのセールをやっています。

Audiobro - home of LA Scoring Strings and LA Drama Drums

LASSといえば最強のストリングス音源の一角を担う音源で、音色のクオリティも総合音源や廉価なストリングス音源とは比べ物にならないぐらいハイクオリティです。 その分お値段も気軽に買えるようなものではなく、国内代理店の価格は\151,200(税込)、Audiobroのストアでは$1,399です。

そんな音源が今なら$799で購入できます。 それでも日本円に換算すると\95,793(2015年9月18日現在)しますが。

LASSの概要

いきなり値段の話をしましたが、そもそもLASSとはどういう音源なのでしょうか。

LASSはヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスらのストリングスと呼ばれる楽器の音源です。

ストリングスがソロで演奏されることもありますが、クラシックのコンサートを見れば分かる通り大人数(10人以上)のアンサンブルで演奏されることもあります。 ソロとアンサンブルは同じ楽器でも音の特徴が全然違いますので、世のストリングス音源は大抵ソロとアンサンブルの両方をライブラリを提供しています。

LASSにもソロとアンサンブルのライブラリが収録されていますが、それに加えて少人数(4人、8人)のアンサンブルのライブラリも収録されています。 これによってディビジという1つのパートの中で和音を作り出す演奏が再現できるようになります。 もちろん、少人数のアンサンブル音色が入用なときにも重宝します。

LASSはハイクオリティな音色はもちろん、小回りも効く便利な音源なのです。

Audiobroのストアには国内販売されてないライブラリも販売してる

Audiobroのストアには国内代理店のでは取り扱っていないライブラリがあります。 それぞれの中身がどういうものかについて、以下で軽く触れておきます。

  • LASS Full:Legato Sordinoライブラリを除いた全てのライブラリが収録されている。
  • LASS Legato Sordino:Fullの拡張ライブラリ。ソルディーノ(弱音器)を付けた音色が収録されている。
  • LASS First Chair:各パートの主席によるソロのみ収録。
  • LASS Lite:各パートのアンサンブル(ディビジなし)のみ収録。

現在、これら全てセール中です。

ストリングスを駆使した曲を作るなら買い

私は音源を変えただけで曲のクオリティが格段に上がった例に幾度と無く遭遇してきましたが、LASSも差し替えるだけで曲のクオリティを激変させてしまう音源であることは間違いないでしょう。

自分の曲にストリングらしき音があればいいって人にとってはLASSは高価過ぎる音源でしょうが、ストリングスをよく使う人にとってLASSは買わない理由を探すほうが難しい音源でしょう。 ましてや現在セール中です。この機会に手に入れてしまったほうがいいです。