読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

musirak.com

ペダルを漕いでいれば何処まででもいける・・・そう思っていた時期が私にもありました。

Witcher 3をプレイしていて思った、一日中ゲームをやると決める日は必要だと。

ごらく ごらく-ゲーム

photo by K-putt

ここしばらくはWitcher 3 ワイルドハントというRPGを遊んでいる。

Witcher 3はWitcherシリーズの最新作にして、3部作のラストを飾る作品だ。 だが、続編ものだからといって前作を遊んでいないとダメということはない。 続編だからこそ前作のキャラクターや用語が出てくるが、そこはゲーム内のキャラクター紹介や用語集で補完できるので全く問題ない。 私とて、2をすっとばしての3を遊んでいるが話が全然わからないということもないし、3の内容だけでも十分以上に楽しめる。

要は2本の剣を背負ったおじさんが剣と魔法で怪物とか悪漢とかと戦うゲームってぐらいの認識で遊び始めても全然OKだ。 ポロリもあるよ(部位欠損)

Witcher 3はいわゆるオープンワールドもののRPGで、広大なマップを探索しながらメインストーリーを追ったり、そこから派生するサブストーリーを辿ったり、それらの道中で助けを求めてくる人々の問題を解決したりと、自由度の高いものとなっている。

オープンワールドものの代表といえばThe Elder Scrollsシリーズ(国内ではオブリビオンやスカイリムが有名)だ。 TESシリーズとWitcher 3の違いはゲーム要素の濃さにあると思う。 TESシリーズは言ってしまえば大雑把な作りだ。その代わり自由度はものすごく高い。 Witcher 3はTESシリーズほどには自由度はないが、どんな敵でも剣を振り回しているだけでは勝つのは難しいし、お使いのようなイベントでも事件の真因を見つけて依頼者を糾弾することができるなどと、密度の濃いゲームを楽しめる。

どちらにも面白さがあるし、どちらが勝っているというのも人それぞれだ。 一つだけ言えるのは、最近のゲームはボリュームと情報量がとにかく大きくなっているということだ。 昔はROM容量の制限が立ちはだかり、様々な要素を詰め込むことは困難だったが、今ではゲーム機やPCが許すならどんな規模のものでも詰め込むだけ詰め込める。

今ではシューティングゲームやアクションゲームであっても、ただひたすら湧いてくる敵を一掃するゲームではなくなった。 映画さながらのストーリー展開や演出が待ち受けている。 それこそ、ゲームが苦手な人にもプレイヤーが無敵になるチートを使ってでもストーリーを最後まで追ってほしいくらいにだ。

特にストーリー性が重視されるRPGなどは、壮大なストーリーはもちろん、旅の途中に現れる書物のテキスト量も尋常ではない。 さらにはメインストーリー以外のサブストーリーやランダムクエストが、広大なマップに所狭しと散らばっている。

これまでに大きくなった、いや、なりすぎたゲームを楽しむには、空いた時間でコツコツと遊ぶような遊び方ではダメだ。 空き時間に遊ぶやり方でもシューティングゲームやアクションゲームだったらまだなんとかなるかもしれないが、それでも1週間に1ステージぐらいが限界だろうか。 そんな進め方ではストーリーの流れがぶつ切りになってしまうと言いたくなるが、連ドラとかと同じ感覚で楽しめるとも言えるので、それはそれでいいかもしれない。

だが、RPGはちゃんと半日なり1日なりのまとまった時間を確保して、気合を入れて遊ぶ必要があるように思える。 時間がないならメインストーリーだけを追うのもいいかもしれないが、実際それだとボリュームの半分も遊べないことになるので勿体無い。 いや、メインストーリーだけでも数十時間のボリュームがある。それこそシューティングゲームやアクションゲームなんかとは比べ物にならないボリュームだ。 空き時間にやってたら物語がいつまでたっても終わらない。それでもがんばって最後までストーリーを終わらせたとしても、話が全然記憶に残らずにただただ時間を費やしただけの結果になってしまう。 これはゲームを最後まで楽しめなかったことより勿体無いことだ。

今時のゲームはすごく時間がかかる。 そして、やりきるためには体力と気力が必要だ。 だからこそ、まとまった時間を確保して真剣にゲームと対峙する必要があると思った。 そんなことをWitcher 3をひたすら遊び続ける中で思った。

ゲームは気軽に遊べるものではなくなってしまった。 そして現代人は世代問わずに娯楽に割ける時間を失いつつある。 であってもゲームを遊びたい人がいるからこそ、スキマ時間にチョコチョコと進めるようなソーシャルゲームやブラウザゲームがはやるのだと思う。

人それぞれに異なるゲームへの向き合い方があるが、私はどっしりと腰を据えて遊ぶような重厚なゲームがしたい。 そのためにも、月に一度ぐらいはあらゆる物事よりもゲームを最優先にする日が必要だと思った。

ウィッチャー3 ワイルドハント

ウィッチャー3 ワイルドハント

ウィッチャー3 ワイルドハント

ウィッチャー3 ワイルドハント