読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

musirak.com

ペダルを漕いでいれば何処まででもいける・・・そう思っていた時期が私にもありました。

マンドリンが気になる

楽器・機材-マンドリン 楽器・機材

photo by Switzer-Land Studios

最近、いろんな音楽を聞いているうちにマンドリンが気になってきた。

マンドリンの概要

マンドリンはイタリア生まれの撥弦楽器(弦を弾いて音を出す楽器)で、8弦4コース(同じ音の元が2つづつある)、チューニングは低い方からG-D-A-Eだ。
瓜を半分に切ったような形をしているクラッシックマンドリンと、背面が丸くないフラットマンドリンがある。

詳しくはキーワードから飛べるリンク先を見てほしい。

日本ではマイナーなマンドリン

上記の情報を調べるのも結構苦労した。
それもこれも、マンドリンという楽器が日本でマイナーなためだ。
ギターやベースなどのメジャーな撥弦楽器と比べると、どうしても日本語の情報が圧倒的に少ない。

さらに、実質的に日本語の教則本がない。あることにはあるが、楽器初心者をターゲットにしたものしかない。
そうなると英語の情報に頼らざるを得ないのだが、英語の教則本は当たり外れが大きいらしい。
行きつけの楽器屋さんのオススメは下記の本だった。これはマンドリンを始めたら買っておこうと思う。
www.rolandwhite.com

そして初学者に追い討ちをかけるように、マンドリンの先生もいない。
つまり、独習必至だ。
根気強く研究と修練を重ねなければならない。

マンドリンの魅力

学ぶにも苦労が絶えないマンドリンであるが、マンドリンにはそれ相応の魅力がある。

まず、ギターとチューニングが異なるということだ。
ギターは完全4度チューニングだが、マンドリンは完全5度チューニングだ。
これにより、ギターでは出せないコード感が出せる。

また、マンドリンには同じ音の弦が2つある。
同チューニングの2弦によるユニゾン感はギターでは出せない。

そして、小さいので持ち運びが楽ということ。
気軽に外に持ち出して大きい音が出せるってことは、日本においては重視されるべきだと思う。

とりあえずお手頃なものから始めてみようかしら

いきなり高いものを買うというのもアレだし、2万円以下で買えるARIA AM-20あたりがいいんじゃないかな。
こういう安価なものを買うときほど、信頼できる楽器屋さんに見繕ってもらったほうが、のちのちのサポートの問題もない。

結局買いました

tora-sub.hatenablog.jp

ギターとの違いを書きました

tora-sub.hatenablog.jp