musirak.com

音楽制作に関することをメインに、他には趣味の話もぼちぼち書いているブログです。

楽器・機材

音楽で楽して稼ぎたい私がいつも使っちゃうプラグイン・エフェクト【2015年版】

photo by Sean MacEntee 「音楽でメシ」を実践するこおろぎさんに便乗です。 本ブログの半分は便乗でできています。 kohrogi.com 以前にiPad Proに乗り換えるだとかほざいていましたが、諸事情ありまして未だに乗り換えられずにいます。 なので、これから紹…

復活したVirtual Guitaristはギター音源群雄割拠の時代を生き残れるのか?

photo by tuppus 多くのミュージシャンに親しまれつつもディスコンになったVirtual Guitaristが、この度Virtual Guitarist IRONとなって復活しました。 www.virtualguitarist.com Steinberg時代のVirtual Guitaristは、まだリンクが残っていましたのでそちら…

ミュージシャンならデータベースを活用すべき

photo by torkildr この現代において、「データベース」という言葉は殆どの人が知っていることでしょう。 データベースとはデータを集め、それらを処理したり抽出したり、集められたデータを分析する仕組みのことです。 データベースは企業の顧客情報だった…

メロディやボーカルを抽出&除去できるAUDIONAMIX TRAXが面白そう

新たなボーカル抽出&除去ツール、「AUDIONAMIX TRAX」が登場しました。 『TRAX』は、「メロディ/ボーカルを素早く直感的に抽出できる」ことを目指し実現した、オーディオソースをメロディとその他に分離するソフトウェアです。AUDIONAMIXの持つ様々なアル…

Surface Pro 4による音楽制作環境もiPad Proに負けず劣らず魅力的だ

先日描いた記事のiPad ProにはPCから開放された音楽制作環境を期待しているにおいて、はてなブックマークコメントで以下の様なコメントを頂きました。 なんでSurface Pro4 に話が行かないのか。まぁ、今までつかってきたDTMソフトの後継と考えればiPadに…

iPad Proによる音楽制作環境の構想

photo by MikaelWiman 先日、iPad Proで音楽制作環境を作りたいということを記事にしましたが、今回はその続きです。 要するに、iPad Proをメインとした場合の環境をより具体的に記載してみました。 www.musirak.com

iPad ProにはPCから開放された音楽制作環境を期待している

photo by Bob Jouy 今週、iPad Proが解禁されたことでどこもかしこもiPad Proを話題にしていますが、かくいう私もiPad Proが気になっている一人です。 私がiPad Proに望むこと、それはDTM環境のPCレス化です。 これまでもPCレスを試みてきましたが、結局は制…

私が勝手に選んだカッコイイDAW

www.musirak.com 先日こんな記事を書きましたが、それを保管する意味合いでも私がカッコイイと思っているDAWを紹介します。 どのDAWを選べばいいかを迷っている皆様の一助になれたらと思います。

DAWは見た目で選べッ!

photo by Robert Gourley 音楽制作をPCにてDTM(Desk Top Music)という手法は、今やプロ、アマチュア問わず当たり前に行われています。 そんなDTMにおいて欠かせない存在となっているDAW(Digital Audio Workstation)ですが、世の中にはいくつのもDAWが出回っ…

Elektron Analog Rytmのみで制作されたアルバム「HIGH REVOLUTION」

photo by EdNomi 最初から最後まで全部Elektron Analog Rytmのみで作られたアルバムがあるとのことで、早速聴いてみました。 こういう時、Apple Musicみたいな全曲聴き放題のサブスクリプション制って便利です。 natalie.mu このアルバムは、RIOW ARAIが月刊…

Ableton Live 9.5 & Push 2発表!Liveの進化は止まらないッ!

AbletonよりLiveのマイナーバージョンアップであるLive 9.5とLive専用コントローラーのPush2が発表されました。 従来のLiveユーザーは無償でアップデートできます。 主な変更点は以下のとおりです。 Simplerのバージョンアップ 見やすい表示と配色への変更 …

SampleTank3のグループバイがいつの間にかすごいことになってる

先月9月17日から始まり一部界隈で盛り上がっていたSampleTank3のグループバイですが、SampleTank3を買うと拡張サウンドライブラリーが最大6つまで無償でもらえるということでさらにお買い得になりました。 期間は10月31日までなので、お早めに。 www.ikmulti…

ハードウェアMIDI音源は過去の遺物になってしまうのか

photo by eschipul 過去のプレスリリースですが、気になったことがあったので触れてみたいと思います。 prtimes.jp

Elektron Octatrack DPS-1についてのあれこれ

Elektron Octatrack DPS-1についての紹介です。 Octatrackはサンプラーと呼ばれる機材で、他のElektron製品の中でも性質が異なる記載です。 Octatrackは難しいとよく言われますが、そういった印象も持っていたり、現在Octatrackに苦戦している人たちにとって…

TR-808やTR-909の思想を受け継いだElektron

www.musirak.com 以前の記事ではダンスミュージックでの定番となったTR-808とTR-909が再登場するまでに30年の間があったことに触れました。 しかし、TRシリーズが再び市場に現れる30年の間に、別のメーカーからTRシリーズの遺伝子を継ぐ製品が現れました。 …

Line6 Helixの発売日が決定!完全にプロ仕様のギタープロセッサーだ

Line6より新しいギタープロセッサー「Helix」が2015年11月25日に発売されます。 価格はオープン価格ですが、今年6月にHelixの情報が発表された時に20〜30万円と予想されていました。 リアルなサウンドとフィーリングを提供する、新世代のプロスペック・ギタ…

Novationがグルーブボックス「CIRCUIT」を発表!いつでもどこでも作曲できる優れもの

Novationが新しいグルーブボックス「CIRCUIT」を発表しました。 High Resolution | Novation | Circuit 私の第一印象はコンパクトで持ち運びできるAbleton Live & Pushって感じです。要は様々な場所で直感的な作曲ができるどえらいマシンが登場したという…

TR-808やTR-909が未だに愛されている理由

photo by Martin Terber 音楽制作をしている人やダンスミュージックに興味がある人の中には、TR-808やTR-909という単語にピンとくる方が多いかもしれません。 TR-808とTR-909は共に日本のRoland社が販売していたリズムマシンです。 リズムマシンとは音楽の重…

コスパがいいなんて言われるヘッドホンからは良い音は出てこない

よく「おすすめのヘッドホン」とか「コスパのいいヘッドホン」という趣の記事で2000~3000円のヘッドホンが特集されているのを見かけます。 普通の感覚なら2000~3000円っていうと結構な金額だと感じるでしょうが、それでも上位機種並みの音が出るという触れ…

LA Scoring Strings 2.5(LASS2.5)がセール中

Audiobro本家のストアでLA Scoring Strings 2.5(LASS2.5)を始めとするLASSシリーズのセールをやっています。 Audiobro - home of LA Scoring Strings and LA Drama Drums LASSといえば最強のストリングス音源の一角を担う音源で、音色のクオリティも総合音源…

マンドリンを始めたいギタリストが気になるマンドリンとギターの違い

photo by tsakshaug マンドリンはギターを小さくしたような楽器のように見えますが、当然ながらマンドリンとギターは別の楽器です。 なので、ギタリストがマンドリンを始めるにあたって、いくつか気になる相違点があります。 私自身がマンドリンを始めて1月…

PC版AmpliTube 4発表&イントロセール中

PC版のAmpliTube 4が発表されていました。 日本語のページには更新情報が表示されていませんでしたが、ひっそりと製品ページができています。 ただいまイントロセール中で99ユーロです。 www.ikmultimedia.com Hyper-Realistic tone 3D Cab Room w/ selectab…

ついにMac版Sylenth1が64bit対応だ!

ついにMac版のSylenth1が64bit対応しました。 photo by iCork 公式によると、Win版の64bit対応は2008年のことのようですね。 Mac版はそれから7年後にようやく対応、首を長くして待ち続けていた人もいることでしょう。 www.lennardigital.com 以下、公式より…

iELECTRIBEに待望のiPhone版が登場!(デモ曲あり〼)

iELECTRIBEといえば2010年にiPad版がiPadの発売と同時期に登場し、iOSデバイスでのDTMをより現実的なものにした立役者アプリの一つです。 そしてこの度、ようやくiELECTRIBEのiPhone版ことKORG iELECTRIBE for iPhoneが登場しました。 www.korg.com

フラットマンドリン Aria AM-20のレビュー

中古で1万円ポッキリ。 定価が2万円弱なので、その半額で買えてしまったのだ。 これ以上のランクのマンドリンになると、急に値段が跳ね上がって10万円コースになってしまうので、値段的にも初心者向けだ。

新たなシンセ「Alchemy」が追加されたApple Logic Xのアップデート

Apple Logic Xがバージョンアップした。 そして、ついにLogicに待望の新音源が追加された。 japan.cnet.com

Pro Toolsがアマチュアに必要ない3つの理由

photo by Dennis AB Pro Tools Firstの無償配布がスタートした。 これで誰もが気軽にPro Toolsを導入できるようになった。 しかしそのPro Tools、本当に必要なものだろうか。 確かにノーコストでPro Toolsを導入できるというのは、アマチュアにとって大きな…

マンドリンが輝くブルーグラスという音楽ジャンル

photo by glasseyes view マンドリン興味を持って調べだしてから、ブルーグラスというジャンルを知った。 今回はそのブルーグラスについて書いてみた。 マンドリンは言わずもがなマイナーな楽器だ。 日本では特にマイナーなためにプレイ人口が少なく、それ故…

AKAI MPD232はシーケンサー内蔵のコントローラーだ

なんだか面白そうな製品が発表されたぞ。 製品情報:MPD232:AKAI professional AKAI professional アカイ MIDIパッドコントローラー MPD232 AP-CON-034出版社/メーカー: AKAI発売日: 2015/08/28メディア: エレクトロニクスこの商品を含むブログを見る

RealGuitarやRealStratでおなじみのMusiclabがメジャーアップグレードを予告してる

Musiclabが15周年記念セールを行っている。そのページにはRealGuitarやRealStratのメジャーバージョンアップに関する記述がある。 MusicLab - Buy August 17th 2015 – MusicLab is celebrating 15th anniversary! Through Monday, August 24th 2015, you can…

マンドリン選ぶための情報が少なすぎるので自分でまとめてみた

photo by eyeonjapan.com 日本ではマンドリンはマイナーな楽器なので情報が少ない。 ということで、マンドリンについて調べたことをまとめてみた。

マンドリンが気になる

photo by Switzer-Land Studios 最近、いろんな音楽を聞いているうちにマンドリンが気になってきた。

サンプリング素材のサブスクリプション制を提供するSplice Soundとこれからのサブスクリプション

photo by MPBecker サンプリング素材のサブスクリプション!そういうのもあるのか。 サンプルベースの音楽制作とDJの味方!好みのサンプルを定額で使えるウェブサービス『Splice Sounds』soundrope.com Splice