musirak.com

音楽制作に関することをメインに、他には趣味の話もぼちぼち書いているブログです。

作詞する人工知能が欲しくなったのでPythonで作ろうとしてみた

自動的に曲の作詞をしてくれるハイテクなマッスィーンが欲しい、曲は作れるが作詞は苦手な私は常々そう思っていました。 そんな折、人工知能が作詞した曲が話題になり、こんなのが欲しかったんだと羨ましくなった次第です。 「研究室が沸き立った」――AIが作…

現代楽器がストラディバリウスに勝ったとして、それが何をもたらすか?

ストラディバリウス負けた!聴衆は現代製に軍配 (読売新聞) - Yahoo!ニュース 最高のヴァイオリンの代名詞でもある「ストラディバリウス」、そんな楽器が現代の楽器に負けたというニュースが飛び込んできました。 いや、現代の楽器がストラディバリウスに…

なぜミュージシャンはMacBook Proを好むのか

ミュージシャンが使うコンピューターといえばMacBook Pro。 なんだかそんなイメージがある気がします。 実際、ミュージックビデオの中にコンピューターが登場している場合、高確率でリンゴマークが自己主張しています。 クラブで曲を流しているDJのコンピュ…

高山屋台の総曳き揃えを見に行ってきました

岐阜県高山市の高山祭の屋台行事がユネスコ無形文化遺産に登録されたことを記念して催された「高山屋台の総曳き揃え」を見に行ってきました。 屋台は全部で23台あるのですが、本来は春に12台と秋に11台が別々に出されるもので、今回のように23台が一同に揃う…

高遠城址に桜を見に行ってきました

先日、絶好の花見日和だったので桜を見に行ってきました。 と言っても前々から計画していたとかそういうわけではなく、すごく晴れていたから桜も映えるだろうというその場のノリに任せていた物です。 そんなわけで、家から自転車で行ける距離にあると桜の名…

Ableton Meetup Tokyoに行ってきました

去る2017年4月21日、世田谷区三軒茶屋の「Space Orbit」で開催された「Ableton Meetup Tokyo」にお邪魔してきました。 メインのプレゼンターによる講演はもちろん、アフターイベントでも他のLiveユーザーたちとの交流を深めることもでき、とても充実したイベ…

ホラーゲーム「Dead by Daylight」がおもしろそう

最近、「Dead by Daylight(デッド・バイ・デイライト)」というゲームのプレイ動画を追いかけています。 あくまでプレイ動画を見るだけで実際に自分で遊んでいるわけではないのですが、これがなかなか見ているだけでも面白いのです。 www.deadbydaylight.com

Ableton Live専用コントローラー「Ableton Push 2」レビュー

Ableton Live用コントローラー「Ableton Push 2」を導入してしばらく経ちますが、これ一つで制作が劇的に変わった実感があります。 作業効率の向上はもちろん、なによりLiveでの音楽制作が楽しくなりました。 今では音楽制作していないときでもLiveを立ち上…

フリーBGM素材「Snow Drops」を公開しました

しんしんと降り積もる雪に覆われた景色をイメージしたピアノソロ曲「Snow Drops」を公開しました。 季節外れ感はありますが、あくまで雪をイメージした曲であり真冬に聞かないといけないと言うものでもないので、ぜひ一度ご視聴ください。

Ableton Push 2で使うフットスイッチとして「BOSS FS-7」を購入しました

ピアノ系の音色を演奏するときに必須なのがダンパーペダル(サスティンペダル)。 ダンパーペダルがなければピアノは演奏できません。 というより、あのペダルがあってこそのピアノという楽器なのです。 それはAbleton Push 2で演奏する際にも同じこと。 そ…

フリーBGM素材「Virtual Traveling」を公開しました

ファミコンやゲームボーイを思い起こさせるような音色の曲「Virtual Traveling」を公開しました。

フリーBGM素材「In the Nighty Sky」を公開しました

今までは曲を作っても特にブログで積極的に告知するようなことをしてませんでしたが、せっかくなので記事を起こして紹介していくことにしました。 ということで、闇夜を駆けるイメージの曲「In the Nighty Sky」を公開です。

Ableton Push 2からLive上のプラグイン音源の音色を切り替えられるようにした

Ableton Push 2からはプラグイン音源の音色を切り替えることができません。 そのため、プラグイン音源の音色切り替えはわざわざMac/PCの方に手を伸ばさなければなりません。 このままでは何かと不便なので、Max for Liveを用いてプラグイン音源の音色切り替…

Ableton Liveはラックを使いこなしてからが本番

Ableton Liveを使っているミュージシャンで、Liveに付属する音源やエフェクトなどのモジュールを使わずにいる方はいませんか? そうだとしたら非常にもったいないです。 Live標準のモジュールは市販のプラグイン並みに、いやそれ以上に便利に使うことができ…

人類はピアノ鍵盤の呪縛から解放されるべき

人類の音楽の歴史の中でも長い間主役の座に居続ける楽器演奏のためのインターフェース、それがピアノ鍵盤です。 電子楽器が一般的になった今においてもその事実は変わりません。 ですが、そんなピアノ鍵盤も完璧な楽器演奏のインターフェースかというと、そ…